育毛剤の種類とそれぞれの特徴とは?

育毛剤には「男性ホルモンを抑制するタイプ」「血行を促進するタイプ」「毛母細胞を活性化するタイプ」「毛根に栄養を補給するタイプ」の4つに大別され、それぞれに異なる特徴があります。
男性ホルモンを抑制するタイプは抜け毛の原因となるDHTという男性ホルモンを抑制する効果があり、男性に多く見られる男性型脱毛症(AGA)の改善や予防に用いられます。
血行を促進するタイプは毛細血管を拡張させることで血液の循環の改善をおこない、栄養素を頭皮に届きやすくする効果があります。
毛母細胞を活性化するタイプは髪の毛を作る毛母細胞を外部から直接活性化することで比較的早い育毛効果が期待できます。
毛根に栄養を補給するタイプは髪の毛の成長に必要となる栄養素を補うことで発毛促進効果が期待できます。
育毛剤を選ぶ際のポイントとしては自分の症状または原因などをしっかりと把握し、自分にあったものを選ぶことでより良い育毛効果を期待することができます。
【AGA遺伝子検査の目的やメリットは?】費用はどのくらい?