生命保険ドットコムの評判はどう?無料相談で商品券が貰える?

よく広告などで見る保険無料相談ですがどうやって収入を得ているのでしょうか?その答えは、FPが提案した保険に相談者が加入した際に手数料が支払われるからです。

このシステムは相談者にとっては、メリットが多いです。

その理由としては相談者が契約して初めて収入があるということは、加入してくれなければFPは無報酬で赤字状態になるため、保険紹介時の説明や対応方法などのサービスを高めなければなりません。

FPは評判を気にしているので、相談者に合致しているライフプランを案内し疑問などにしっかり答えてくれるなど良い面ばかりです。

信頼性を気にしているので、現状の契約の方が最良と判断をしたら別の保険を無理に勧めたりもしません。

皆さんも保険についてわからないことがあれば気楽に相談してみましょう。

保険料を節約しようと思っても、相談に行く時間がないからどうしようとお悩みの方の悩みが解決できるかもしれないです。

保険無料相談サービスの中には、相談内容のやりとりを面談をせずにメールで完結できるサービスもあります。

なので、受付時間は24時間365日と制限がなく、返信内容の確認も夜遅くに自宅に帰った後など好きな時間に確認ができます。

もし、説明がわからない、こちらが伝えたいことが担当者にあまり伝わっていないと感じたときのために、電話で直接相談することもできます。

もし相談途中で必要がなくなったとしてもメールで断れるので楽な気持ちで相談できると思います。

保険の無料相談を請け負っている会社の中でも、テレビでCMを流したり全国に店舗があったりして有名なのが「ほけんの窓口」だと思います。

来店型の中でもトップクラスの知名度を誇る会社で、ネットなどにおける口コミや体験談がたくさんあるのもありがたいところです。

初めてのFPさんとの面談では知識を深めるところから行い、客側の疑問にも丁寧に答えてくれるということで比較的満足度は高いようなのです。

また取扱っている商品の数も多いので、提案されるプランも幅広くなるかもしれません。

家計がギリギリ、でも将来のために貯金はしたい!という方はどの部分の支出を削りましょうか。

一番削りやすいのが食費ですがお子さんのいる家庭の場合ではできればそのままにしたいですよね。

そうするとすぐに思いつくのは、毎月支払っている携帯電話料金です。

通話時間を抑えたり、大手3社から格安SIMに乗り換えるという方法です。

それでも家計がギリギリなら保険料の見直しをしてはどうでしょう。

保険無料相談サービスを利用した人のブログなどから感想を見ると現在の契約状況・保障内容を様々な角度から見て提案してくれたそうです。

相談者の多くは信頼できる担当者の提案だから安心できたという方が多いので皆さんも信頼できる担当者が見つかるまで相談するのがよさそうです。

一般的に家の次に大きな支出と言われている、保険。

それだけに保障内容や月額などの見直しはとても重要です。

予想されるトラブルについては口コミなどをチェックして、心の準備をしておくことをおすすめします。

特に無理な勧誘に合った場合どうすれば良いか心配な人は多いと思います。

不安をあおって急かしたり、必要かもわからないメリットを強調されたりして理解しきれないまま話を進められるというパターンです。

不安なときはこちらの要望を伝えたうえで少し時間を置きましょう。

普通はこういったいざこざに対処するサービスが用意されているので、利用しましょう。

自分でしっかり考えて判断し、無理解のまま流されることのないようにしましょう。

タダでプロと一緒に保険の見直しができるのに、そのうえなおも商品券などがもらえたらWでお得です。

どうすれば手に入れられるのかというと、簡単なところでは面談を受けるだけだったり、必要なところではアンケートに回答したりします。

一万円に満たないほどの金額ではありますがもし数社と面談するなら合計で一万円以上もらえる可能性もあります。

ただ真の目的はプロの意見を聞くことなので、ついでにもらえたら嬉しい贈り物と捉えて本来の目的をしっかり果たせるようにしましょう。

動画サイトなどでよく見る保険無料相談のCMですが、実際には利用方法を知らない人も多いと思います。

なので、ここでは無料相談の利用時の流れについて書きます。

一般的な流れとして多いのが、webサイト経由で相談日の予約をし、希望の場所若しくは近くの店舗で相談という流れになります。

FPに会ってからははじめに、保険に対しての疑問や現在加入している保険の保障内容の確認をしますその後、聞き取りをしたライフプランから保険選びの情報提供をして提案します。

再度、ライフプランに対してどういった保障内容が合っているかを一緒に確認します。

保険の無料相談なら生命保険ドットコムがおすすめです。

2017年4月に発表された金融庁からの指針により保険無料相談後に高額な商品券などを相談者へプレゼントするキャンペーンが禁止になりました。

「換金性の高い商品の提供の禁止」という金融庁の指針を受けて各サービスでは、商品券からお米や牛肉など「換金性の低い特定の商品」へ変更しています。

また、3000円程度の商品券のプレゼントキャンペーンを謳っているサービスがありますが、これは明確なルール・法令違反なのですぐになくなっていくでしょう。

もし、保険相談サービスを探しているのならば、キャンペーンだけでなくサービスを提供している会社の評判などを調べてから選びましょう。

相談をしたいという勢いを重視するなら街中の保険ショップへ行くという選択肢もあります。

保険無料相談サービスに申し込みをしたけれどなかなか面談の予定が合わないという人がいるそうです中小のサービス会社の場合、登録してるFPの数が大手サービスに比べて圧倒的に少ないためです。

そもそも無料で相談をして営業できているのは相談者がFPの提案した保険に加入をしてくれるからです。

そのため、契約、保険の切り替えの見込みが低い案件は後回しにされがちになってしまうという仕組みになっています。

急いで相談をしてもらいたい場合は、FPの登録者数の多い大手の仲介業者に申し込むか予約なしでも相談可能な保険ショップの利用をお考えください。

専門家に保険の相談をしている人はどれくらいいるのでしょうか。

とあるサイトで見てみるとたった一社でも一年間で十万以上の人と面談をしているそうです。

これは多くの人が関心を寄せる一方で、仕組みが複雑過ぎて普通の人には理解しにくいことの表れでもあるのではないでしょうか。

会社ごとの評判を調べてみますと、長年の実績があるほけんの窓口や保険マンモスなどのクチコミ等が多いようです。

やはりFPさんの知識量や提案力など質が高いことや、実際話し合いするまでの手軽さも評価されているようです。

将来のことを考えて保険を契約しようか考えている方、相談をするならサービスを選びましょう。

選び方は近所にあるからというのもいいのですが中には、黒毛和牛肉やお米をプレゼントしているサービスもあるんです。

流れとしては、web予約フォームから相談日を決めて、現在の保険内容の確認や保険無料相談後にアンケートへ回答するともらえるそうです。

でも、イメージとして無料で商品プレゼントを行っているサービスって強制的・強引な勧誘をしていそうで評判が悪そうに思ってしまうのもわかります。

多くのFP紹介サービスでは、評判の悪いFPに対して登録解除を行うサービスもあるほど評判を気にしています。

今の保険を選んだ際にどういったものを参考にしましたか?ランキングサイトなどネットの情報を参考にした人、職場に来た保険の営業員の人の勧めなどいろいろな方法で選んだと思います。

そうやって決めた結果、月々の料金が厳しい、実は保障内容を理解していないという人も多いのではないでしょうか。

保険無料相談サービスを活用しましょう。

加入当時と現在で生活状況やライフプランは変わってくるものです。

勇気を出して相談してみた結果、保障内容がほぼ同じなのに月額が今よりも低く抑えられた、今の生活状況により合った内容を乗り換えができたという話も多いです。

保険の勧誘や販売は「保険業法」でいろいろな規制がかけられています。

保険業法第300条への指針として「保険会社向けの総合的な監督指針」を金融庁は2017年4月に策定しました。

そのため相談者に「特別な利益」の提供として換金性の高いギフト券やクオカードなどをプレゼントしてはいけないのです。

では、お米や牛肉など換金性の低いものをプレゼントしている場合はどうなのでしょうか。

実は、前述の指針では景品プレゼントについての具体例は記載されておらず、社会的儀礼として行われる香典などの慶弔関係やカレンダーの配布などは保険業法において禁止されていません。

そのため、換金性の低い商品をプレゼントするのは「完全にクロ」ともクロともシロとも言えないグレーゾーンと言えます。

保険に関しての話し合いを自宅でする際に心配なことに、提案が不十分だと感じたらうまく断れるのか?ということはあるでしょう。

良心的な会社であれば強い勧誘の禁止令があったり、担当FPさんとの相性が良くない場合は変更するといったような安心・便利なサポートがあります。

一回だけの面談で契約まで至ることはほとんどないようなので、まずはきちんとした相談をしたいので勧誘はいらない旨を伝えておくというのもひとつの方法です。

経験を積んだ実力のあるFPさんなら他と比べてもらっても大丈夫なので、問題なく終われるでしょう。

車の買取など様々な場面で見積もりをしますよね。

見積もりを取った後は業者から電話がかかってきます。

好きな人はそこで値段交渉をして値切るのが楽しいと言いますが最近では、電話そのものが苦手という方が多いイメージがあります。

保険無料相談サービスの場合は、強引な勧誘を行ったり、評判の悪いFPに対して契約解除を行うサービスもあるほどしっかりと勧誘に際して対策を考えています。

また、もし担当者が強制的な勧誘を行う場合はストップコールというサービス側で用意しているシステムがあり、電話一本で相談の停止や担当FPを変更することが可能です。

参考:生命保険ドットコムの評判はどう?見直し相談を体験しました

一般的に良い評判よりも悪評の方が頭に残ってしまいます。

保障内容の確認や契約状況の見直しをしてくれる保険無料相談サービスでも評価を比べているサイトはあるのでしょうか。

口コミサイトを参考にすると相談前の人の多くが「相談したら強引に保険に加入させられそう」という印象を持っていてなかなか相談へ踏ん切りがつかなかったようです。

実際に相談してみると「納得いくまで何度でも聞きにきてください」と快く言ってくれて安心できた、本当に内容の確認だけでもOKだったなど嫌なイメージはなくなっていることがわかりました。

なので見直しを検討している人は安心して相談してみてはどうでしょうか。

インターネットでさっと検索をすれば、保険無料相談を行っている会社はたくさんあります。

差別化を図るためにキャンペーンをはっているところも多いです。

気になるその内容はといいますと、多くが商品券やギフト券がもらえるといったものでした。

金額的にはばらばらでしたが、数千円ほどのところが多いようです。

数社と面談をして提案されたプランを比べることもあるでしょうし、こういったことを会社選びの参考にすれば面倒なことも嬉しいことに変わるかもしれません。

よく聞く保険無料相談、あの人たちってどうやって収入を得ているの?その答えは、FPが紹介した保険に相談者が契約した際の手数料です。

このシステムは相談者から見るとメリットが多いです。

相談者が加入をした時に初めて収入があるということは、加入してくれなければFPはボランティア状態で赤字状態になるため、保険紹介時の説明や対応方法などのサービスを高めなければなりません。

そのため、保険自体が相談者の希望に合致していて、紹介者の説明スキルがわかりやすくなるなど良い面ばかりです。

なので、現状の保障内容が最適だと判断したら別の保険を勧めたりもしません。

皆さんも保険の確認だけでもいいので気楽に相談してみてはどうでしょう。

時折見かける、「保険無料相談をすると牛肉プレゼント」という宣伝キャンペーンですがなぜプレゼントキャンペーンを始めたのでしょうか。

少し前まではFPにお金を払って保険の相談をするのが主流でした。

ここ数年で急速に有料で保険相談をする時代が終わり無料で相談ができる窓口がたくさん増えました。

後から相談サービスに参入してきた企業は自社の製品を是非とも契約して欲しいと考えています。

そこで無料相談窓口が増えたことで獲得しにくくなった保険相談者を得るために、特典を出してでも保険見直しをしてもらいたいという考えから始まりました。

毎月の支出をどうにか低くしたい、というのは多少は皆さんも思っているはずです。

保険料金を見直してもいいかもしれません。

最近、様々なメディアで耳にする保険無料相談サービスを利用してみるのはどうでしょうか?でも、いざ申し込んでみようと思っても保険の知識がなくても大丈夫なのか相談に行ったら必ず新しい契約をしなきゃいけないみたいで行きにくい。

という気持ちも出てきてしまいますよね。

ご安心ください、保険に関する知識がなくても大丈夫です。

保障内容の確認だけでもOKです。

相談する場合は、現在加入中の保険証券などを持っていくとよりどう行った状況かわかりやすくなります。

テレビで保険無料相談のCMを見ていると疑問に思うことがあります。

それは「有料」の保険相談もあるの?という疑問です。

結論から言うとあります。

むしろ元々は有料なのが基本だったそうです。

では何が有料と無料で違い、メリット・デメリットになるのでしょう。

無料相談サービスでは、FPは相談者と面談するだけで報酬は発生せず、提案した生命保険に契約してもらわないと保険会社から手数料が支払われることでお金をもらっています。

なので、FPにとって手数料のいい保険(FPにとって都合のいい保険)を勧めてくる人が中にはいます。

逆に、有料の相談の場合、販売ノルマのようなものがないため、親身になってくれる可能性が高いです。

家の次に高い買い物として、「保険」が挙げられます。

そう考えると、やはり慎重に選びたいですよね。

そんな場合に上手に活用したいのが、無料相談です。

身近に店舗がある場合、訪問してくれる場合といろいろありますが、会社により特典が付くところもあったりします。

商品券や図書券、現金などがもらえるそうです。

金額は数千円のようですが、いくつかの会社からもらえたら数万円になる可能性もあります。

プロに話を聞ける上にプレゼントまであるなんて、話がうますぎるくらいです。

保険相談をしたい場合には、どんな方法があるでしょうか。

FPさんに来てもらうという人もいれば、テレビなどでよく名前を聞くような会社のお店までこちらから出向きたいという人もたくさんおられるでしょう。

日本中にお店があるような有名どころですとショッピングモール内など、人通りが多く便利な場所にお店がある場合も多くあり、利用しやすいと思います。

家を知られたくなかったり、プライバシーが確保できない場所で健康や金銭的な話をしたりするのに抵抗があれば、面談は来店タイプで試してみてはいかがでしょうか。

せっかく無料で保険について話し合うことができるのですから、その貴重な時間を大切に活用したいところです。

見直しに関して注意しておくと良いのは、現在の保証内容と一ヶ月の支払額は妥当なのか?さらにはそれが自分の生活に合っているのか?ということです。

まず面談までに自身の生活設計をある程度たて、また健康診断などの結果を用意しておくと良いでしょう。

するとより具体的で生活に合ったプランをたててもらいやすくなります。

また肝心なのはどこで面談をするかでもあるので、それについてもしっかり選びましょう。

タダでプロと一緒に保険の見直しができるのに、おまけに商品券などをくれるところもあります。

手に入れるには何をすれば良いかというと、簡単なところでは面談を受けるだけだったり、さらにアンケートが必要だったりするところがあります。

金額は2000円から7000円と幅広いですがいくつかの会社からもらえたならお小遣いとしては十分でしょう。

ただもちろん何かをもらうことが目的ではないので、ついでにもらえたら嬉しい贈り物と捉えてしなければならないことを忘れないようにしましょう。

Tポイントやマイルなどのポイントが保険無料相談でもらえるキャンペーンを見かけます。

高額ポイントがもらえるサービスはあまり名前を聞いたことのないものばかりで実際にポイントが付与されるかわからないですよね。

多くの場合、数回の面談を実施し、アンケートに回答すると付与というパターンが多いです。

そのため、最初の面談等で相談者に契約の見込みがないと見られたらその後の面談がなかなかできないなどポイント付与の条件未達の状態で放置される可能性があります。

そのため、ポイントのために申し込むことはやめましょう。

テレビのCMを見て保険無料相談を頼んだけれど、あまりこちらの要望を聞いてくれないいという話を聞きます。

では、有料の保険相談を検討してみてはどうでしょう。

有料相談の値段は大体5000から20000円くらいとなっています。

有料のメリットとしては、料金をもらっているので保険相談がメインとなり無理に契約を狙うものではない。

実績のあるFP、優秀なFPが担当してくれることが多い。

そのため、お客様の立場で最適なアドバイスをしてくれる可能性が高いです。

また、有料相談を行なっているサービスでは、独自の認定基準を設定しています。

「相談に満足しなかった場合は、相談料を返す」という点も自信の表れでしょうか。

もしどうしても無料相談で済ませたいと言う場合は、信頼できる担当者に当たるまで相談を繰り返してください。

いわゆる保険の見直しといえばざっくり2種類ある訪問タイプにしろ来店タイプにしろ直接会うような形が多いかと思いますが、電話でのアドバイスが可能なところもあるとのことなんです。

どうすれば良いかというと、まずはインターネットやフリーダイヤルで電話の時間を予約して、あとは担当者からの連絡を待つだけらしいのです。

もちろん0円でできます。

これだと提案に不満があれば即終わりにしてしまうこともできるので、ほかの方法より試しやすいと感じるのではないでしょうか。

保険無料相談を行っている会社について、比較検討するため情報をピックアップしているサイトがあります。

良く比べられているポイントは、実際に面談を受けられるまでの手続きの手軽さ、提案が可能な商品数の豊富さ、そしてなんといってもFPさんの質や評判でしょう。

人生で2番目に高い買い物と言われているものですので、一社だけでなくいくつかの会社と面談をするなどして、全てを任せても安心なFPさんと最終的に先のことを決めていくのが良いでしょう。

保険無料相談サービスの利用で商品券をプレゼント!というキャンペーンを全く見なくなりました。

その理由を調べてみると、2017年4月の金融庁の指導によって相談サービスの利用特典として高額な商品券がもらえるという販促活動をするのは禁止になったからです。

金融庁の指針を正確に読むと禁止されたのは換金性の高い商品の提供となっており、逆に言うと「換金性が高くなければ大丈夫」とも読み取れるので一部のサービスでは商品券から「換金性の低い特定の景品をプレゼントする」と言う形式をとって募集をしています。

そのため、商品券をプレゼントするキャンペーンはなくなってしまいました。

保険の無料相談なら生命保険ドットコムがおすすめです。